「楽屋―流れさるものはやがてなつかしき―」 2020年1月17日(金)~2月2日(日)浅草九劇

清水邦夫の傑作「楽屋」 が蘇る——。
令和の時代に”性”を越えて、
実力派の4人が織りなす、

演劇的実験

傑作「楽屋」にオールメールキャストで挑む。
日本で最も多く上演されている清水邦夫著「楽屋」。
1977年の初演から、様々な演出家・キャストにて世に送り出されてきた作品です。
そして2020年。平成から令和に移り変わり、"性"を超えて、また違った『楽屋』を創り出す演劇的実験に挑みます。
演出には、2.5次元から社会派のオリジナル作品まで幅広く手がける西森英行を迎え、 楽屋で念入りに化粧をする、女優A・B、「かもめ」の主役である女優C、女優Cのプロンプ ターだった女優D。
様々な俳優が演じてきたこの役柄を、伊藤裕一、伊勢大貴、大高洋夫、そして佐藤アツヒロ という実力派が演じます。
浅草九劇で、楽屋に棲みつく女優たちの姿が、どのように映し出されるのか、見逃せません!

キャスト

伊藤裕一・伊勢大貴・大高洋夫
/佐藤アツヒロ

スタッフ

作:清水邦夫
演出:西森英行

スケジュール

2020年1月17日(金)―2月2日(日)
浅草九劇

星取

星取


全席指定:7,800円(前売・税込)

【一般発売日】
2019年12月23日(月)~

問い合わせ:atlas 03-6279-0545
(平日12時〜18時)



劇場

浅草九劇

東京都台東区浅草 2-16-2
浅草九倶楽部2階

【アクセス】
・東京メトロ銀座線「浅草駅」1 番出口より徒歩 10 分
・東京メトロ銀座線「田原町駅」3 番出口より徒歩 12 分
・都営浅草線「浅草駅」A4 番出口より徒歩 10 分
・首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス「浅草駅」A1 番出口より徒歩 5 分

※駐車場はございません。予めご了承ください。

copylight ©atlas All Rights Reserved.